独立してもう1年。もっとスピードをもって具現化せよ、と自分に言い聞かせる。


by kazumedia25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

○チンコ看板特集

会社の看板を作成しようと思って、ぐぐっていたら発見。

チンコ看板
[PR]
by kazumedia25 | 2005-09-27 11:43 | つぶやき

9/22:スポーツネタ。

午前中から税理士さん来社。委任状の受け渡し。

11時に開発会社来社、打ち合わせ。
自社サービスの打ち合わせ、新規案件の打ち合わせ。
どうも、先方の段取りが悪い。

仕様書どおりだが動作しない。
正直オープンは遅れそう。。。

午後から神保町で某スポーツ選手マネージメント会社と打ち合わせ。
結構、マーケ数字、コンテンツの確認ができた。
年内にもOPENするので、その際にはまた告知をしたい。

そのまま、10日ぶりに帰宅する。
今週、中学の親友のお父さんがなくなり、プラカードもちをたのまれたため、強制帰宅。
このきっかけがなければ帰らないだろうなぁ。

55歳食道がんだそうだ。これから、がんで死んでいく人が増えていくのだろう。
そう考えると、僕も折り返してしまったところ。人生案外短い。

人、自然は不思議なもので、いわゆる「淘汰」されていく遺伝子があるとのことだ。
医学的には1/3で年数が短くなっていくという。

おじいちゃんが70歳でがんで亡くなると、息子が50歳で同じ病気でなくなる。
すると。孫は、30歳で同じ病気が発病することがあるという。

こうして種の淘汰が行われる。

確率論での偶然もあると思うが、このような場合、お医者さんから忠告される場合もすくなくない。

僕の友人でも、そのような友達がいるし、友達の友達では実際に、30代でなくなった。

人生は、自分が思うほど、長くはない。
いま、こうして、社長をしながら、つらいけど充実しているのは幸せだと思う。
[PR]
by kazumedia25 | 2005-09-22 22:17 | 社長の日々

9/16:TDB

午前中から帝国データバンクの方と打ち合わせ。

同居しているレバ社のI氏の紹介である。いろいろ、現在・過去・将来について話す。
朝イチだったが結構楽しかった。

あまり、会社について過去から将来まで話す機会はそうないものだとおもった。

コーディング少々ののち、夜から交流会に参加。

デジハリの杉山校長とお話をさせていただく機会があった。
前職ですれちがったりしていたのだが、ちゃんと話すのは初めて。
いろいろ勉強させてもらった。

その後、帰社。
[PR]
by kazumedia25 | 2005-09-16 01:37 | 社長の日々

9/15:お勧め企業

午前中に、ライトアップ社のSさんと打ち合わせ。
某スポーツリーグのスポンサードの件での面会。

N社のKさんとSさんとは、以前から交流会でなんとなくの顔見知り。
Sさんが交流会にあまりでなくなってしまい、ちょっと遠のいてしまった。

リーグ以外の情報交換をさせてもらい、盛り上がって終了。
この会社いまとても伸びています。

午後から西新宿の野村ビルで打ち合わせ営業支援システムの打ち合わせ。
支払管理システムがきてしまった。。。。
一気に工数が増える。ビジネスをくみたてなおさないと。

帰社ご資料整理と、メールチェック。

夜は、会社の歓迎会。
新しい人がはいったので、紹介もかねての飲み会。

近くに、合点承知之助という焼酎専門店がある。
食事もおいしいし、量も多い。↓


魔王をのみ、芋尽くし。
c0059990_145325.jpg

[PR]
by kazumedia25 | 2005-09-15 01:05 | 社長の日々

9/14:今日も交流会

朝帰りのまま、午前9:30から打ち合わせ。
正味4時間の睡眠。老体には応える。

現在公式OPENのアメリカクラブに、いくつか会社をご紹介。
うまくつながるといい。

さてこの「アメリカクラブ」はアメリカのポータルサイトを目指すサイトである。
たしかに、なかったなぁ、この切り口。

クリエイティブもよく、アメリカクラブナビなんてものもある。
気合とお金のはいっているサイトである。

なにか、ひらめいたら北瀬にご連絡ください。

いったん会社に戻り、夜から渋谷で交流会。
エキサイトの方と、日広の方が幹事。

ブレードコミュニケーションのKさんと、nowlodingのKさんに参加頂いた。

参加者は前日のモバイル部とかぶらずに、幅広く情報交換ができた。

半年以上、「紹介するよ」っていわれていて会えなかったイクス社のIさんとも会えた。
学生パワーにあやかりたい。
スタッフページを見るとかわいい娘ばかり。これもあやかりたい。

その会にたまたま来ていたK社のYさん。半年ぐらい前、秩父でBBQした時以来の再開。
お金がないのに、飲みにいくという、摩訶不思議の人物。

渋谷の。6人しか座れないバーで2杯ほど。
お金がないらしいので、麻布十番経由で早稲田へ帰宅。

ダッシュで銭湯へ。無事、体がきれいになった。
[PR]
by kazumedia25 | 2005-09-14 00:32 | 社長の日々

9/13:モバイル部

会社宿泊。

午前からずっと企画書、書類整理、スケジューリング。

夕方から、六本木で打ち合わせ。

のち、「体育会系モバイル部」という交流会に参加。
久しぶりでしたが、300人の参加ということでした。

携帯電話業界に特化した交流会。
一応、携帯サイトプロデューサーとして参加。

50名ほどの方と名刺交換。
この後の挨拶メールが大変。。。週末のタスクにする。

終了後、レバレジーズ株式会社の岩槻氏とその取引先会社方と食事。
六本木にくると立ち寄るお店がある。

Charleston Cafe ORIENTAL

六本木通りのお店ですが、お酒と食事がおいしいのでよく利用する。
ジャンレノに似たオーナーもかっこいい。

なんだ、こんなで、2時まで飲む。
かなり、コミュニケーションがとれ快適な時間だった。


タクシーで会社に「帰宅
[PR]
by kazumedia25 | 2005-09-13 00:32 | 社長の日々

中学の大先輩。

いまだに中原区在住。
前に床屋にいったときに、お店のおばちゃんが教えてくれました。

偉大な、中学校の先輩です。
中原の駅前の、エポック中原で披露宴をやったみたい。

弟がエレベーターであったとさ。

ちなみに、現西武の河原選手も先輩。
巨人では敗戦処理ばかりやらされてましたが、西武で復活。
去年に既に復活してたんだけど、巨人での使い方がアフォのために成績を残せませんでした。

まだまだできるぞ!
[PR]
by kazumedia25 | 2005-09-12 11:19 | 気になったニュース

9/11:神輿でわっしょい。

仕事をしていて、外からドンドンと音がする。

のぞくと、神輿が出現。馬も2頭。
c0059990_11275672.jpg


久しぶりに祭りらしい祭りをみた。
みんな熱狂している。

浅草の祭りになるともっとすごいんろうな。

あ、選挙だ。
[PR]
by kazumedia25 | 2005-09-11 11:23 | 社長の日々
週間文春8月11日、18日号で、和田アキ子が自分が在日であるとカミングアウトしています。通名は「金海福子」。

パチンコ業界と芸能界では常識の在日コリアン世界だが、ほとんどマスコミでは取り上げることはなく、日本社会の暗黙了解となっている。

しかし、日本の歴史やこれからの日本を考える上では通れない現実。直視し、理解し、そこから積み上げることが必要でないかと思う。

僕自身は、父方が函館の漁師の家系、母方が香川の農家の家系であり、まったくの部落の家系。うまれてから30年、神奈川県川崎市ですごしている。

川崎市というと「工業地帯」「川崎大師」をイメージする方が多いが、実際は、ぐるっと東京を囲むように位置する細長い市である。一般的なイメージの工業地帯から、ぶどう狩りができる山奥の風景も存在する。

今、川崎市といえば「コリアタウン」などもでき在日コリアンの存在が明確になってきているが、ほんの15年前までは、在日に対する民族差別が存在していた市である。

小・中の教育の中では在日コリアンの存在はほとんどふれないままであった。
高校に入り、川崎市の工業地帯の真ん中の高校に進学し、そこで、社会の笹尾先生から初め在日コリアンに対する教育を受けた。

笹尾先生自体、幼いころから川崎南部の育ち。当然友達には、在日コリアンが多かったはずなのだが、その時代はまさに、在日コリアン全否定の時代であったため、教育もされず、理解できないままであった。ある日何気ない一言で友達が、傷つき、別れてしまった。後にその友達が在日コリアンであったことがわかるが、当時はまったく、「なぜ?」で、理解できなかったという。その無知が動機となり、社会の授業では在日コリアンについて教えているのだという。
また、在日コリアン社会にも友人が多くできたため、学校のなかで、在日コリアンの学生のケアをしている。これは、当時の日本人の学生はまったくしらないことだと思う。

いまでも、笹尾先生に会えたことは感謝している。
身近な世界に気づかなかったことを気づかせてもらったこと、他者を知ることで自分のアイデンティティーを考えるようになったこと。

大体、クラスの40名のうち10人が在日コリアンもしくは、帰化者、ブラジル人などであった。

でも、カミングアウトをする人はいなかった。

なので、今回の和田アキ子のカミングアウトはすばらしいと思う。
大学の友達の留学生が和田アキ子の伯母さんが(もしくは叔父さん)が、こっち(韓国)にいるよっていっていたころからウォッチしていた。これだけの業績と知名度のある存在のカミングアウトはなかったのではないだろうか。すこし世代は前ですが、にしきのあきらも岩城滉一もカミングアウトしている。

この事実をしったとき、日韓の歴史をしらない人々はどう思うのだろうか。
[PR]
by kazumedia25 | 2005-09-05 00:12 | つぶやき
こんなニュースをみつけました。

「中国の炭鉱で起きた事故を隠匿するために口止め料を払ったとする内容。
そもそも、言論の自由のない国。ジャーナリズムなど皆無に等しい。」

しかし、この記事内容をようく読んでみると面白い。

まず、暴露したのは、香港の「亜洲週刊」という週刊誌のようだ。
まぁ、これは中国国内(香港も中国だが特別行政区なので、まぁ言論はある程度自由なのでしょう。)

そして、肝心なのがここ。

「地元当局者は「河南商報」の記者に対し、訪れた約480人に100元~1000元の口止め料を渡し、総額が約20万元に上ったことを明らかにした。さらに、同18日に別の事故の情報が伝わり、再び集まった約300人に計約10万元の口止め料が配られた。」

とある。

そして、この記事の最後にあるのだが、

「真相を報道しようとしても当局に禁止される。多くの記者はやる気を失い、金がもらえればいいと思うようになる」


と。

つまり、どう考えても、取材と称して口止め料をもらうために現地いっているとしか考えられない内容である。再び集まった300人というのも、また、口止め料をもらいにいったんだろうなと読めてしまう。

ただ、初回の人数より、再びの人数が多かったら、もっと面白いかなと、考えるのは僕だけでしょうか。
[PR]
by kazumedia25 | 2005-09-04 23:53 | 気になったニュース